恋愛物の主人公はやたらと嫌われる風潮